グループウェアで利用できるチャット機能

業務上のコミュニケーションを行うとき、直接面と向かって話す方法の他電話や電子メールなどがあります。
最近はSNSを利用してコミュニケーションを取るケースも出てきています。
直接話せばじっくりコミュニケーションが取れますが、それぞれが時間を作る必要があり、さらに離れているときは互いに移動しなければいけません。
時間もコストもかかるので、頻繁に直接話し合うなどはできないかもしれません。
グループウェアシステムの中にはグループチャットと呼ばれる機能を搭載しているものがあります。
ネット上でのコミュニケーション手段としてチャットがありますが、利用方法はほぼ同じです。
グループウェアでログインをしていると、今ログインをしている人の状態がわかります。
ログインをしている人とコミュニケーションが取りたいとき、その人を選択してメッセージを送ります。
するとリアルタイムに相手に伝わり、相手がそれに応える形でコミュニケーションを取っていきます。