グループウェアは共有できる人の範囲が決められる

情報を保存する方法としてデータサーバなどへの保存があります。
各社員が利用するパソコン内は自分の仕事の情報を保存しますが、データサーバにはいろいろな人が利用できる情報なども保存できます。
これによって情報の共有が可能になります。
共有できるメリットはあるものの、誰でもいろいろな情報を見ることができるのは問題かもしれません。
閲覧を制限したいのであれば、別途仕組みを用意してそこで情報が見られるようにしておく必要があります。
グループウェアはネットワーク上で色々な情報を共有するシステムです。
誰でも閲覧できる情報もあれば、利用制限を設けた情報もあります。
こちらを利用すれば、特定の部署の人だけ閲覧するとか、一定の役職以上の人だけ閲覧するなどが可能になります。
閲覧不可の人に対しては見られないようにする設定が可能なので、情報流出を防止するのにも役立ちそうです。
各部署ごとに共有できるフォルダをグループウェアに用意しておけば、部署内だけで見られる情報なども用意できます。

案件忘れも改善できるグループウェア
組織で管理できるようになり案件共有もラクラク

最新投稿

  • グループウェアを活用した例とは

    グループウェアを導入することによって、業務を効率良く進めることが出来るようになったという例は、たくさ …

    続きを読む...

  • グループウェアで利用できるチャット機能

    業務上のコミュニケーションを行うとき、直接面と向かって話す方法の他電話や電子メールなどがあります。< …

    続きを読む...

  • グループウェアを使って感じたメリット

    仕事をする上で、なかなかうまく情報共有が出来ないと感じる事が少なくありませんでした。
    勿論その …

    続きを読む...

  • グループウェアはさまざまな活用方法がある

    組織の中におけるコミュニケーションの取り方は、同じ署内や他の部署間をはじめとして、ほかにも全社一斉と …

    続きを読む...

お知らせ

一覧